日々のちょっと気になる事、気になるモノをピックアップ!

生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ

紹介・レビュー

撮影を知るとその200倍は楽しい!『MdN2017年11月号/VOL.283』

投稿日:2017年10月6日 更新日:

今月のMdNは『アニメを観たり、語るのは楽しい。でも……撮影を知るとその200倍は楽しい!

という特集だ。

昨今のアニメは、現実世界の「撮影」に沿ったものが多い。

例えばカメラのレンズによる見え方の違い、レンズフレア、ピンぼけなどの被写界深度。

それもそのはずだ。

なんたって今のアニメは3DCGソフトを使い、作られている。

簡単に言えば 3DCGソフトというのは、3D空間にカメラを置いているからだ。

ドラマや映画などではカメラが使われており、それをアニメの世界にも適応している。

つまり、「カメラをはじめ、撮影を知る事で表現の幅が一段と増す」ということだ。

今月のMdNは、物理現象やカメラの仕組みをアニメを例に解説している。

 

 

アニメーションをより楽しむための「撮影処理」の見どころを
17のトピックスで紹介!

特集のメインコーナー。撮影処理をトピックス別に分け、それらがどのように映像の魅力を引き出しているのかを、さまざまなアニメ作品をもとに紹介します。

 

〈KNOWLEDGE 基礎知識〉

01 コンポジット ― 『龍の歯医者』より
02 ピントとボケ ― 『言の葉の庭』より
03 広角レンズ/望遠レンズ ―
『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』、
『傷物語〈Ⅰ鉄血編〉』より
04 絵コンテ/タイムシート ― 『傷物語〈Ⅰ鉄血編〉』より

 

〈TECHNIQUEⅠ 光・色〉

05 太陽光/レンズフレア ― 『ひるね姫』より
06 ステージライト ― 『アイドルマスター SideM』より
07 パラ/フレア ― 『ボールルームヘようこそ』より
08 ディフュージョン ― 『ボールルームヘようこそ』より
09 透過光 ― 『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』より
10 多重露光 ― 『電脳コイル』より
11 カラーコレクション ― 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』より

 

〈TECHNIQUEⅡ 効果・カメラワーク〉

12 塵/パーティクル ― 『BLAME!』より
13 手描き素材 ― 『キルラキル』より
14 さまざまなエフェクト ―
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』より
15 カメラワーク ― 『ポッピンQ』より
16 画面の揺れ ― 『血界戦線 & BEYOND』より
17 ノイズ/テクスチャ ― 『血界戦線 & BEYOND』より

 

 

 

関連リンク

 

 

こちらの記事もオススメです


-紹介・レビュー

Copyright© 生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ , 2018 All Rights Reserved.