関西でもSuicaは強くて何より速い!待望のモバイルICOCAにはもう待ちくたびれた!

関西でもSuicaは強い!待望のモバイルICOCAにはもう待ちくたびれた!




僕はiPhone7を使っている。

この7から日本でApple Payが実装され、SuicaQUICPayiDをiPhoneで使うことが出来るようになった。

特にSuicaはエクスプレスモードに設定でき、TouchIDやFaceIDを使わずにそのままタッチするだけでSuica決済が出来る。

 

とまぁこれは時間も経っているので知っている人は多いだろう。

最近はApple Payに関してのニュースがなく、ワクワクする事も久しくなった。

今回の記事では、改めてSuicaに焦点を当ててみようと思う。

 

首都圏以外でiPhoneのSuicaを使うという事

 

首都圏を中心にSuicaは普及している。

モバイルSuicaとして通勤通学の定期券が乗り、毎日使っている人も多いだろう。

今回は首都圏以外でSuicaを使うという事は何かを考える。

 

僕は当時早速SuicaをiPhoneにセットし、今でも積極的に利用している。

僕は大阪に住んでいる。

この京阪神では主に

  • ICOCA
  • PiTaPa

が主要の交通系ICカードだ。

ICOCAはJR、PiTaPaは阪急 阪神や他の私鉄だ。

 

僕は通勤にJRを利用していて、SMART ICOCAを持っている。

これに定期券とその他交通費の精算のために3000円チャージしている。

僕は個人事業主なので、ICOCA決済は全て経費として自動的に処理出来るように設定している。

 

 

Suicaはプライベート利用として機能させている。

ICカードで決済出来るところは、もう殆どSuicaが対応しているので、決済に困る事は少ない。

もし、Suicaが対応していないところはiDやQUICPayで補うといった形。

 

ここまでSuicaにこだわるのは何故か

やはりiPhoneだけで決済したいからである

iPhoneさえあれば、チャージもその場で出来るし、構内で残高不足になりチャージ機に並ぶ必要もない。

SMART ICOCAは家に忘れてもiPhoneを忘れる事はない。

 

ApplePayを利用している人なら分かると思うのだが、QUICPayとiDで決済するのと、Suicaで決済するのを比べてみてもらいたい

例えばコンビニでは、Suicaの速さが1番よく分かるのではないか。

僕はずっとQUICPayで決済していたのだが、ある日Suicaで決済してみたところ、POSに触れた瞬間に決済が完了する。

その差1秒2秒といったところではあるが、とにかく「速くて正確」というSuicaに軍配が上がる。

何よりSuicaはエクスプレスモードに設定しているのであれば、TouchIDやFaceIDを必要としない。

指が荒れていたり濡れていたりすると反応しないTouchID、マスクを取らないと使えないFaceID。

何らかの拍子で認証ミスがあれば、再度POSに近づけて認証させて・・・という経験はないだろうか。

そのような煩わしさがないのも魅力である。

 

Suicaのアプリやウェブのインターフェイスを見ると、やはりICOCAやPiTaPaのそれとは全然違う。

後者のそれは「とにかく古い」のだ。

スマホ用に最適化されているのかいないのか、PCで見てもゴチャゴチャしていてよく分からない。

もし、今後iPhoneにICOCAかPiTaPaが乗る事があるとしても相当後の話になるだろう

今のJR西日本や各私鉄に、そこまでの営業力・資金力があるとは到底思えない。

特にJR西日本には頑張ってもらいたいものだ。

もうSuicaが日本全国で統一してくれればいいのにと思う。

 

男はとにかく持ち物を減らしたい生き物だ。

カード1枚でも持ち物がなくなれば嬉しいものなのである。

 

決済に伴うポイントも安心!!

 

使うのであれば、少しでもお得に使いたいものだ。

Suicaのチャージ決済にはクレジットカードを使う事になるのだが、何が良いだろうか。

僕のオススメは「楽天カード」だ。

チャージ時にポイントが1%付く

つまり買い物する度に1%のポイントバックがあると思ったらいいだろう。

 

 

首都圏だけでなく、全国で何かと利便性の高いSuica。

iPhone7以上をお持ちなら、是非とも登録してみてほしい。

 

Suica
Suica
無料
posted with アプリーチ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です