日々のちょっと気になる事、気になるモノをピックアップ!

生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ

daiv ssd m.2

PC コラム

マウスコンピュータ DAIVのM.2 SSDを換装してみた。

投稿日:

概要

 

僕はフリーランスのCGアーティストだ。

メインのワークステーションはマウスコンピューター(現 mouse)のDAIVだ。

DAIVとは2016年2月、アマナと共同開発された新型ワークステーションで、デザインも良く、そこそこコスパに優れるワークステーション。

僕はローンチと同時にDAIVを注文し、所謂 初期ロットを愛用している。

この記事では、初心者向けの備忘録となればよく、玄人の皆さんは笑いながら読んでもらえればと思う。(読む必要もないと思うが・・・)

構成としては、

DAIV-DQZ500H1

  • Core™ i7-6700 4コア/ 3.40GHz/ TB時最大 4.00GHz/ 8MB スマートキャッシュ/ HT対応
  • Quadro® M4000
  • メモリ32GB
  • M2 SSD 256GB
  • 他に電源、クーラーを松モデルにしている

 

職業柄、多くのアプリケーションを利用する。

その結果、起動ディスクであるCドライブがこの数ヶ月圧迫されてきていたのだ。

当時は256GBも使わないだろうという思惑であったが、見事に外れてしまった。

Autodesk系のアプリは非常に容量があり、残り20GBを切ってきたので、思い切って「起動ディスクをなんとかしよう」となった。

ちなみに僕は自作PCなど作った事がなく そこまで詳しい訳でもない



 

内部にアクセスしてみる

 

まず内部にアクセスしてみた。

計画としては、PCI-eのポートは空きがたくさんあったので そこに差し込み、BIOSから起動ディスクを変えようとした。

新しく購入するM.2 SSDは 『Samsung SSD 500GB 960 EVO M.2』 500GBのものだ。

幸いAmazon サイバーマンデーセール期間で、この製品は3割引きくらいになっていた。

マザーボードはMSI製であった。

しかしここで問題発生。

PCI-eのポートは『x1』が4つ『x16』が1つの空き。

実は先日、USB-C(typeC)の増設を行った際、x16のポートをそれに使用していた

M.2をPCI-eに使う場合、x4のインターフェースボードが必要になる

玄人志向 STANDARDシリーズ PCI-Express x4接続 M.2スロット増設インターフェースボード

も一緒に購入した。

ちなみに今のDAIVは、この問題は解消されており、x4がふんだんに使われている。

 

結果 USB-Cのボードを外し、x16にはサムスンのSSDを取り付けた

起動してみるとドライバーなしでOK、なんなく認識した。

daiv ssd m.2

 

 

SSDのクローン作成

 

ここで新しいSSDに現存の環境を移行するためにクローンを作る事になる。

EaseUS Todo Backup』フリー版

を使い、新しいSSDにCドライブのクローンを作成。

・・・だったのだが、このままクローンを作成すると、古い方のSSD最大容量のパーティションが分かれてしまった。

ここで躓いてしまったのだが、結果『EaseUS Partition Master』を使い、分かれてしまったパーティションを1つにまとめる事に落ち着いた。

 

BIOSから起動ディスクの変更

 

クローンもできた事で次の工程。

BIOSから起動ディスクを選択するのだが、マウスのBIOSを初めて触ったのでよく分からない。

結論から言えば、起動ディスクをなんなく変更出来たのだが、昔のSSDしか選べなかったので作戦を変更

このマザーボードには専用のM.2スロットが1つあり、既存のSSDが装着されている。

もう一度中身にアクセスし、新旧のM2 SSDを交換した。

これでBIOS設定からは新しいSSDがデフォルトになっているだろうと思っていたのだが、

結果そうではなく、SSD単位で起動ディスクが選択されていたので、色々といじりまわし ようやく起動ディスクを変更できた。

 

換装後はどうなったかというと

 

あれから二週間近く経っているが、いまのところ問題なく作業が出来ている。

起動ディスクを交換した場合、元のストレージは当分消さないでおこう

小さな問題はあった。

GoogleのIMEがリセットされていたり、アンチウィルスソフトのESETがうまく起動せず再インストールする事になった。

しかしそれ以外はすこぶる好調。

基本のスペックは上がったのだろうが、そもそも前もM2 SSDなので体感としてはそこまでスピードアップしていない。

 

PCI-e x4のUSB-Cを付けていたボードはどうしたかと言うと、結局探し廻ってx1でUSB-Cが動作するボードを見つけたので、これに変更する予定だ。

x4ボードは別のワークステーションに装着しようと思う。

 

色々合ったが、相性もいいようで快適な環境になっている。

 

 

こちらの記事もオススメです


-PC, コラム

Copyright© 生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ , 2018 All Rights Reserved.