日々のちょっと気になる事、気になるモノをピックアップ!

生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ

小さいQRコードを読む方法

暮らし

小さすぎるQRコードをiPhoneで読み取る方法

投稿日:

QRコードは便利だ。

今では様々な印刷物やウェブサイトにも載っており、瞬時にアドレスやウェブサイトへのリンク、名刺情報から決済にも使用出来る。

中国ではQRコード決済のアリペイが席巻したり、日本でもLINEが力を入れ始めたりと多様な用途で使われている。

日常生活で1番使うであろうものは、「ウェブサイトへのリンク」ではないだろうか。

ホームページのアドレスは長ったらしく、いちいち入力するのも面倒だ。

そこでQRコードを利用してウェブサイトに飛ぶのが1番早い

 

しかし、その肝心のQRコードが読めないといった事はないだろうか。

原因は様々にあるのだが、その1つは「QRコードが小さくてピントが合わない」というのも理由のひとつ。

この記事を書こうと思ったのは、現在開催されている「リニューアルした伊右衛門が当たる!」キャンペーンに付いていたQRコードが事の発端となる。

コンビニなどで買える伊右衛門には、キャンペーン用のタグが付いているのだが、そのQRコードが小さくてiPhone7では全く読めない

iOS11から、デフォルトのカメラアプリでQRコードが読めるようになったので、専用アプリは捨ててしまった。

 

手入力か検索かでどうにかしようと思っていたところ、この方法を発見。

 

 

単に、ズームするだけ である。

するとすんなりと認証。

コードが小さいと寄ってもピンぼけしてNG、離れると小さすぎて認証せず。

しかし、少し離れてピンチインでズームするだけだ。

 

業者の方々は、もう少し大きく印字してもらいたい・・・

古い機種であったりすると、便利なようで便利でない。

 

ちなみに、この伊右衛門のキャンペーン。

3本買って3本とも当たったのだが、果たして運が良かっただけなのか、当選数が表記より多いのか。

個人的には、シリアルナンバーを入力→抽選→当たれば個人情報の入力 という「当たってもないのに個人情報の入力をする煩わしさがなかった」のも好印象だった。

 

 

最も、最初から専用アプリを使うのがいいのだが・・・

専用アプリは以下のアプリが良い。

開発元のデンソーが手がけている”本家”アプリである。

 

公式QRコードリーダー”Q”

公式QRコードリーダー”Q”
開発元:arara inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

 

こちらの記事もオススメです


-暮らし

Copyright© 生活のなる木 | 生活に彩りをプラスするブログ , 2018 All Rights Reserved.